化粧品

コラーゲンの合成メカニズム

コラーゲンという言葉をよく聞くと思います。
漠然と身体や肌にいいから、と考えて摂取している方も多いかもしれませんが、実際にはどのような効果があるのでしょうか。

コラーゲンは腱や肌に含まれているタンパク質のことです。
コラーゲンがあることによって、お肌のハリを取り戻したり、強い衝撃に耐えられる身体を作ることが出来ます。
コラーゲンは身体の30%もの割合を占めているもので、人体には欠かせないものになっています。
更には老化防止や肌が若返るとしても有名な成分ですから、特に女性にとっては見逃せないものになります。

コラーゲンを体内で生成しようと思うとリシン、プロリンと呼ばれるアミノ酸が必要になります。
また、別に同じアミノ酸でのヒドロキシプロリンとヒドロキシリシンと呼ばれる成分も必要になっており、アミノ酸が非常に多く必要になっています。
更に、これらが合成してコラーゲンになるには、ビタミンCが必要になりますから、自然と野菜も摂らなければならないということなのです。

最近ではサプリ等がありますので、サプリで十分と考えている方もいるかもしれませんが、例えコラーゲンを摂取したとしても、体内に入ると一度分解してから再形成されるので、分解されたものが必ずコラーゲンになるとも限りません。
きちんと食事面も考慮してコラーゲンを作っていきましょう。


このページの先頭へ