化粧品

コラーゲンとグルコサミンの関連性

グルコサミンとコラーゲンというのは良く聞く組み合わせでしょう。
ではこの二つはどういったものなのでしょうか。

そもそもグルコサミンというのは、軟骨細胞を作っている成分で、爪や軟骨、靭帯といった部分にあります。
カニやエビなどの甲骨類の殻や動物の皮などに含まれており、販売しているサプリメントは甲殻類から抽出されたものを使用しています。

関節は軟骨が骨の表面を覆っていて守っていますが、この軟骨を作るためにはコンドロイチンやヒアルロン酸などといったものから出来ているプロテオグリカンと呼ばれる成分が必要になります。
しかし、これらは体内で吸収することが出来ず、必要成分になることが出来ないという難点があります。

しかし、グルコサミンならば、ほとんどが体内へ吸収され、更には上述の成分全てを作ることが出来る成分なので、非常に重要な成分であると言えます。
サプリメントとして摂取できるというのが一番の利点でしょう。

この臨床試験は以前より行われていて、その成果も表れているということです。
軟骨の厚さが薄くなってしまうと関節の痛みがひどくなってしまいますが、この臨床試験では厚くなり、痛みが軽減したという結果が出ています。
コラーゲンと合わさることによって、よりカバーできるので、積極的にコラーゲンもグルコサミンも取り入れたいですね。

このページの先頭へ