化粧品

コラーゲンの配合メカニズム

食事などでコラーゲンを摂取したとしても、体内で分解されてしまうということを皆様はご存知でしょうか。
食事からコラーゲンを摂取することは無駄だと言われているような感覚になりますが、そうではありません。

コラーゲンは摂取されて分解されると、それぞれが必要だと思われる成分と合成を始めます。
そのため、必ずしもコラーゲンに戻るということはなく、場合によってはコラーゲンを摂取したのにすべて違いものになっているということもあります。
もちろん身体に必要なことなのですが、やはり女性としてはコラーゲンに再形成してほしいものですよね。

作るためにはアミノ酸が必要になります。
これにはヒドロキシプロリンとヒドロキシリジンと呼ばれるアミノ酸が必要です。
この二つとビタミンCが合成されることによって、コラーゲンは作られるのです。

また、酸素もコラーゲンを形成する3重らせん構造を作るために必要ですが、この働きを高めてくれるのがビタミンCです。
そのため、ビタミンCは欠かせない成分となっています。
しかし、野菜をあまり食べない方もいるため、慢性的にビタミン不足な方は気を付けなければいけません。
もしも摂ることが出来ないということならば、サプリメントで補助してみましょう。
美容に良い効果をもたらすことで有名な成分ですが、コラーゲンには副作用はないのでしょうか?
気になるコラーゲンの副作用についてはこちらをご覧ください。


このページの先頭へ