化粧品

コラーゲンとヒアルロン酸の関連性

コラーゲンとヒアルロン酸の関連性についてご説明いたします。
この二つは全くの別物でありながら、美肌に効果があるという面を持っています。

コラーゲンとは、タンパク質の一種で肌や髪、目や関節にあり、細胞を繋げてくれています。
特に関節などでは緩衝剤の役割を果たしているのもあり、コラーゲンが減少してしまうと関節に痛みが出てしまったり、肌にたるみなどが出来てしまうという影響が出てきます。

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類と呼ばれるものの一種です。
これは身体のいたるところにいて、関節や真皮の部分に多く存在しています。
保水力が高いということで有名で、ヒアルロン酸が不足してしまうと肌が乾燥してしまい、関節が痛むという現象も起きます。
両方とも、年齢と共に減少するという傾向にあるため、摂取・生成が大切になってきます。

全く別物ですが、不足すると起きる影響などはほとんど一緒のため、両方とも積極的に摂取するようにしましょう。
サプリメントならばいっしょに配合されているものも販売されているので、セットになっているものを摂取すると一石二鳥でしょう。
関節や肌は年を取るごとに気になってくる部分ですので、だんだんと気になってきたという方は早めに摂取するようにしましょう。


このページの先頭へ