化粧品

医療の場でのコラーゲン

コラーゲンを医療目的で使用することがあります。
コラーゲンを医療で使用するときはどういった部分で活躍するのでしょうか。

まず、身近な部分では歯周病の改善です。
コラーゲンペプチドを摂取し続けることによって、歯の土台が整っていき、あごの骨を保護することができるということがわかりました。
コラーゲンは骨を強くしてくれる作用がありますが、これは顎の骨にも適用されるということで、インプラントの治療などにも役立つと考えられているようです。

次に、メタボです。
血管はコラーゲンが主成分ですが、摂取することによって細胞がコラーゲンを生み出す力が高くなり、しなやかな血管になるのではないかと考えられています。
しなやかになることで、高血圧になるのを根本から防ぎ、メタボの症状を改善してくれます。

また、高齢者の方に起きる、床ずれ、という、寝たきりになることによって細胞に栄養素や酸素を届けることが出来なくなり、起こってしまう病気です。
長期的にコラーゲンペプチドを摂取することにより細胞が活性化して、傷などが小さくなるという改善が見られています。

このように、コラーゲンは美容などだけでなく、病気にも大きな貢献をしてくれます。
コラーゲンを体内で生成できるように、健康的な生活をするように心がけましょう。

このページの先頭へ