化粧品

骨粗鬆症とコラーゲンの関連性

骨粗鬆症が起きる原因としては、女性ホルモンのエストロゲンと呼ばれるものが減少することによって起きます。
血液の中にはカルシウムがありますが、このカルシウム濃度が薄くなってくると、エストロゲンは骨を溶かして血液に流してしまわないようにと指令を出します。
しかし、年を取りエストロゲンが減ってくるとその指令が届かなくなって骨が溶けてしまい、血液に流れてしまうことが起きます。

この症状が起きてレントゲンなどで撮ってみると、骨の中身が空っぽになっている状態なのが分かります。
これを改善するためには、カルシウムを補給することなのですが、これ以外にもコラーゲンが必要になります。

コラーゲンは骨を支えてくれる緩衝剤のようなもので、外部からの衝撃から守るために関節などの肌以外にも、骨にも使われています。
コラーゲンも年を取ることによって減少してしまうものの一つですので、これも欠かさないように、しっかりと栄養を摂るようにしましょう。

魚でカルシウムも摂れてコラーゲンも摂れますが、やはりそれだけでは補いきることは難しいでしょう。
出来るならサプリメントなども併用し、コラーゲンは飲むタイプのものを使って身体の中から丈夫な骨を作っていきましょう。


このページの先頭へ