化粧品

コラーゲンと相性の悪い食材の詳細

コラーゲンと相性の悪い食品に関して、ご説明いたします。
まず第一に、油分が多い食べ物はまず外しましょう。
油分が多いと脂肪質によって善玉ホルモンが減少しコラーゲンの生成を妨げてしまいます。

レトルトや脂の多いお肉なども相性が悪いです。
また、糖分なども適度ならばいいのですが、過剰に摂ってしまうと脂肪になるため、コラーゲンの生成が邪魔されたり、コラーゲンが変化してしまうことがあります。
ジュースやお菓子などは出来るだけ控えるようにしましょう。
ほどほどに摂取すると、悪影響ではなく、いい影響を及ぼす場合もありますので、一概に全て失くした方が良いとは言えません。

出来るだけ、コラーゲンを摂取する場合にはビタミンCを摂ることを意識して取り入れるようにしましょう
野菜が一番いいですが、出来るならば熱を通した温野菜がいいです。
しかし、野菜が得意ではないという方もいるでしょうから、上記のことにさえ気を付けていれば、サプリメントなどで補うという手もあるでしょう。

しかし、出来るならば健康的な食生活にした方が健康にもいいので、意識して治すように心がけましょう。
サプリメントはあくまで補助として考えると、改善されるかもしれません。

このページの先頭へ