化粧品

コラーゲンとゼラチンの関連性

ゼラチンというのは、コラーゲンが変性したもののことを指します。
コラーゲンというのはそもそも、らせん状の分子が3つ、三つ編みのようになっているもののことを言います。
しかし、コラーゲンに熱を加えることによってこの3つの分子がバラバラになり、ゼラチンとなります。

分子での違いがあるものの、食べ物としてはほぼ同じコラーゲンと言っても問題がないほどで、ゼラチンは変性しているものの、87%もコラーゲンを含んでいるため、コラーゲンの塊と言えます。

では他にどんなところが違うのかというと、吸収性の違いが挙げられます。
分子の違いがあると言いましたが、これはゼラチンの方が分子が大きくなっており、分子は小さい方が吸収しやすくなっているため、ゼラチンでは吸収率が悪くなってしまいます。
また、ゼラチンの方がカロリーが少し高くなっているため、食べやすいからと食べ続けると体重がものすごいことになってしまう可能性があります。

このようにコラーゲンとゼラチンは、良く似ているのですが、重要な部分で大きな違いがあるのです。
吸収性に関しては特に気になるところで、吸収されなければ摂取する意味がありません。
オススメとしては、やはりコラーゲンをドリンクとして飲むのが一番のようです。
コラーゲンを摂るときはヒアルロン酸も一緒に摂ると良いでしょう。
その理由はhttp://www.hfihouston.org/aruronnsann.htmlにかいてある通りです。


このページの先頭へ